贈り物をする状況

贈り物とその意味について

敬老の日の贈り物はお花

毎年、母の日、父の日、敬老の日と、主人と自分のお互いの家族へ贈り物をしています。母の日、父の日は使えるものをと思い、身につけるものや、普段使う物などを贈っていますが、敬老の日はいつも花を贈っています。お互いの祖母はもう高齢なのであまり外には出かけられず、ほとんど家の中で過ごしています。そんな家の中を明るく華やかにしてくれる贈り物として最適だと思うからです。最近はインターネットで注文しています。その中には、バルーンの中に入れてくれたり、ひ孫の写真付きで贈れたり、と様々な商品が充実しています。いつもギリギリに注文してしまうので、品切れの商品もあり、今年こそは早めに注文したいと思っています。

花を選ぶときのマナー

昔から花は贈り物として人気がありますが、贈る相手や場面によりマナーが存在します。結婚や誕生など、お祝い事の時には明るい華やかな物が好まれますが、「別れ」や「移り気」などのその場に相応しくない言葉を持つ物もありますので、注文の際に確認を取ると良いでしょう。入院している相手への贈り物としての際には、「根付く」が「寝付く」を連想させる鉢植えは相応しくありません。その他にも周囲への影響を考えて、香りの強い物は避ける気遣いも必要です。最近では長時間の保存が可能で、水も必要のない特殊な加工がされたプリザードフラワーが人気です。

お知らせ

2017-03-30 グルメギフトの活用法が追加されました。
2016-03-04 人気のプレゼントとはが更新されました。
2015-07-01 ランドセルの人気はが追加されました。
2013-10-17 お歳暮はネットがお得が追加されました。
2013-08-29 パワーストーンと相性が追加されました。

贈り物をするマナーの情報

Copyright 贈り物とその意味について All rights reserved.